株式会社夢職人
ホーム > SYNGROW(活用事例)

SYNGROW(活用事例)

SYNGROW

当社での活用事例

旧システム(WindowsForm版)は本社でしか作業が行えませんでしたが、新システム(WEB版)にしてからは営業、経理、経営などグループ単位で利用シーンを分け複数人で利用しています。

Cloudでの構築も可能ですが、当社では24時間365日稼働の必要がないため、見積が集中する時期や請求作業が発生する月末・月初にサーバを立ち上げ使用しています。サーバはWindws10のIISとSQL-Server Express(無償版)で構成しています。出先からはVPNでつなぎ作業を行っています。

営業グループの利用例

①現場で見積情報を登録後、本社に連絡し見積書を発行してもらっています。

②お客様から発行された注文書をもとに現場で受注情報を登録後、本社に連絡し注文請書を発行してもらっています。

【運用の変更点】

以前はExcelなどで情報のやりとりを行い、本社ですべて対応してもらっていましたが、現在は現場で入力が可能になり、手戻りが少ないのでスムーズに書類が作成出来るようになりました。

導入事例2-1
経理グループの利用例

①受注後は本社で売上や支払の予定を立てます。

②パートの方が自宅から売上登録を行い、請求書の発行及び郵送作業を行っています。

【運用の変更点】

以前は請求書を発行するために本社に来て作業を行っていましたが、現在は自宅でも対応が可能になり、時間を有効に使えるようになりました。

導入事例2-2
経営グループの利用例

①通帳と照らし合わせながら入金や出金の確認及び登録を行っています。

②会計用のCSVデータを出力し弥生会計に連携しています。

【運用の変更点】

旧システムは弥生会計用のデータを作成するのにいくつかの手順を踏む必要がありましたが、現在は弥生会計用のCSVデータを1クリックで出力出来るようになりました。

導入事例2-3
その他の利用例

SYNGROWの直接の機能ではありませんが、出力データまたは蓄積データを活用しています。

①売上予定データや売上データをもとに営業会議用の資料を作成しています。

②蓄積データをもとに問題分析や経営計画の資料作りに役立てています。

導入事例2-4

P社様の活用事例

見積~入金、会計連携までの事務作業を数名で行っています。

自社内にサーバ(WEB+DB)を立ち上げ、LAN内で利用できるようになっております。サーバはWindws10のIISとSQL-Server Express(無償版)で構成しています。

【運用の変更点】

以前はExcelなどで書類の発行や請求の管理を行っており煩雑でしたが、SYNGROWを導入してからは、案件の一元管理が出来るので、書類の発行はもとより、請求の管理や会計入力が楽になりました。

導入事例1